MENU

Managed Services Division

調査結果をご覧になりたい方はこちら ―様々な業界の150人のビジネス意思決定権限者から見た、自社IT機能のアウトソーシングに対する戦略

読み続けてください

自社のITマネジメントに関するチャレンジについて、他社のそれと比較してみましょう。

日本企業は歴史的にITの内製志向が強くIT子会社を持ち自社グループでのITマネージメントを推進する傾向にありました。現在、日系企業が海外進出し海外でビジネスを展開する中で、内製組織の新陳代謝が滞りスキルトランスフォーメーションに課題を抱えています。日本から海外拠点をマネージメントするときに海外言語の問題も大きなリスクの1つとなっている事実があります。

MSPの使用はこれらのチャレンジに解決策を提供しますが、MSP自身も、企業自身も、国や拠点によってアプローチが異なります。これらの詳細を把握するため、NTTコミュニケーションズとIDG Connectは、150人のITあるいはビジネスディシジョンメーカーに対して、MSPに関する調査を行いました。

インフォグラフィックサマリー

このサマリで、日系企業がテクノロジ変化のスピードに伴うスキル不足、セキュリティ、ガバナンスといったチャレンジに対して、どのようにITパートナーにレバレッジしているかをご覧いただくことができます。

インフォグラフィックをダウンロード

製造業ITディレクターのインタビュー記事はこちら

報告する
インタビューをダウンロード

金融業ディレクターのインタビュー記事はこちら

報告する
インタビューをダウンロード

レポート

ビジネスの意思決定者として、IDGから完全なホワイトペーパーをダウンロードして、自社のIT運用を同業他社と比較し、日本の企業がサービスプロバイダーを活用してビジネス価値を高める方法を見つけてください。

レポートをダウンロードする